【国際中医師アカデミーオープンまでの道のり4】


テキストの内容 ~中医診断学編~中医診断学では、診断方法を学びます。
複雑な症状が発生する仕組みを理解することにより
病気の原因、性質、場所、程度などの判断が可能になります。
正確な治療方法を知るために必要な教科です。
基礎理論は病気の仕組みから症状及び症状の特徴を推察することを学び、
診断学では症状の特徴から病気の仕組み(病理状態)
を推察することを学びます。

<総論> <四診> <八綱> <弁証>
国際中医師アカデミーの【中医診断学】のテキストは
これらの要素から成り立ちます。
http://tcm.ac

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)