生脈散と清暑益気湯との鑑別


今日は、国際中医師アカデミー受講者の皆様に「生脈散と清暑益気湯との鑑別」についてお知らせしました。
暑邪及び方剤の特徴から暑い夏に両方剤の使い方、合方の方法などを助言しました。
受講されている皆様は、ご自身の高い目標に到達するために、努力を惜しみません。我々が提供する学習システムで中医学を学びながら、臨床の複雑な状況に対応する能力を高めるため、より実践的な情報が得られれば、進歩が更に早いと考えています。
卒業の方にも送りましたので、これから多くの患者に効果的に漢方薬を出せるように応援しています。

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in オンライン学習方法, 国際中医師アカデミー, 漢方薬. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)