足育


先週土曜日にNHKが【足育】(そくいく)という番組を放送しました。
高齢者の足の健康を保つうえで非常に良いのだそうです。また、高齢者だけでなく子供の運動力を向上させることにも足育は役立つのだそうです。

中医学では、足の指と裏には多くの経絡が通っています。経絡は気血の通り道で、全身をくまなく廻ります。経絡に滞りがないことが健康を維持する第一歩と考えられています。

高齢に伴って足がふらつく、また子供がつまずきやすいなど脚力が弱い場合は、肝腎の働きが強く関係しています。
腎は足の骨、肝は足の筋を管理しています。足指を屈伸させて、経絡の通りだけではなく、肝腎の気血の流れをよくすると考えられます。

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com
This entry was posted in 中西医結合, 国際中医師アカデミー. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)