Monthly Archives: 10月 2013

生徒さんの質問 九仙散

方剤学を学ぶ受講者からの質問をご紹介します。 斂肺止咳薬の勉強で、九仙散を学びました。 肺陰が損なわれ、咳が止まらないときに使うとありますが、これは咳嗽でいうところの肺陰虧耗にも使えますか? 九仙散は、斂肺止咳剤に属す方 … Continue reading

Posted in 国際中医師アカデミー, 漢方薬, 過去問題解説 | Leave a comment

あなたは熱のある人?それとも?

漢方相談で「あなたは熱がある人ですね」と言われたことありませんか? 中医学(漢方)でいう「熱がある」はカゼや病気による「発熱」とは異なり、体温計で計測しても平熱のままです。 この「熱」によって起きる症状としては、口渇(口 … Continue reading

Posted in ブログ, 国際中医師アカデミー | Leave a comment

生活と治療に欠かせない陰陽と五行

中国では、陰陽や五行に関する理論が生活の中にも深く浸透しています。 例えば、「乾坤(けんこん)」は、易の卦(け)で中国数字や和算で用いられた算木に現れる種々の象を現わすもので、人生や事柄の吉凶を占う目的で用いられています … Continue reading

Posted in ブログ, 国際中医師アカデミー | Leave a comment

朝起きは苦手?漢方治療のポイント!

伊藤忠商事が、残業削減策として深夜残業を禁止し、早朝勤務を促す新たな制度を試験的に導入したというニュースをみました。 ニュースキャスターが「早起きの苦手な方は大変ですね」と、おっしゃていました。 太陽が昇り始める時間帯は … Continue reading

Posted in 国際中医師アカデミー | Leave a comment