Monthly Archives: 9月 2008

模擬試験の反省

今回の模擬試験の反省は以下のように考えています:  1、概念を正確に理解するために、もっと詳しく説明する必要がある。  2、分析のプロセスを身につけるために、もっと厳しく訓練する必要がある。  3、其々の科目の特徴を分か … Continue reading

Posted in ブログ | Leave a comment

模擬試験の目的

 国際中医師試験の前に、模擬試験を実施する目的と方法について紹介しようと思います。  まず、試験を準備する流れとして、二階段を設けています。 第一段階 知識の整理整頓の段階 試験の開催する半年前から集中講座を実施します。 … Continue reading

Posted in ブログ | Leave a comment

K1の清原選手の努力から見つかったこと

9月23日番組で、清原選手がブーイングの中で文句なしで勝利をおさめた(名前が間違ったら、ご勘弁ください)。韓国で非常に人気があり、関西では不人気ということですが、本人が分かっている上に、わざわざ柔道服を着て正々堂々相手の … Continue reading

Posted in ブログ | Leave a comment

喘促は二つの病気と関係がある?

日本では喘促の患者は少なくないと言われています。アレルギー性の病気で、繰り返し発作するのは特徴の一つです。  中医学では、喘促という症状は哮証と喘証を分けて定めています。  症状の特徴、病理結果、治療方法、選択方剤の種類 … Continue reading

Posted in ブログ | Leave a comment

本当の国際中医師になるには3

自分で料理を作る能力を高めようということです。 講義を聴く内容を例えとすると、料理を食べることです。ある程度で勉強すれば、このような講義は面白いか、役立つかは段々少しずつ分かるようになるのです。  自分がメニューを決めて … Continue reading

Posted in 国際中医師アカデミー | Leave a comment

本当の国際中医師になるには2

1、分からないなら、謙虚で勉強しようという雰囲気が必要だと思われます。  中医学のレベルは勉強年数と比例しないことを理解してもらいたいです。この考え方は非常に良くなく、自分の成長の道を閉じさせる恐れがあると思われます。 … Continue reading

Posted in 国際中医師アカデミー | Leave a comment

本当の国際中医師になるには1

生きている臨床力を身につけるために  ① 勉強の目標をはっきりする→治癒率の向上、皆さんの健康に役立つことです。 ②学術の交流が必要です  ある薬の販売のためのイベントではなく、診断力のアップ、皆さんが学術の交流活動を通 … Continue reading

Posted in 国際中医師アカデミー | Leave a comment

国際中医師試験の目的

 国際中医師試験をすでに五回行いました。 試験の目的は試験の準備を通じてより深く広く中医学が勉強でき、将来自分の中医学の臨床力をアップするためと考えています。試験対策の講座を実施するのです。  結果として日本の国民にとっ … Continue reading

Posted in 国際中医師アカデミー | Leave a comment

胃痛の臨床講座

今日は午後1時から5時まで、胃脘痛の講座を行いました。  胃脘痛と腹痛とはどっちが酷いか、どう違うか  寒邪客胃の特徴は痛みの発生、痛みの程度、伴う症状から判断する用法  情志不随の意味は何か … Continue reading

Posted in 国際中医師アカデミー, 漢方薬 | Leave a comment

抑肝散の報告から中医学の未来をみる6

腎精不足の方に抑肝散を服用すると、次のような副作用が見られるでしょう: 腎虚の特徴として、頻尿と座りたいことです。 頻尿のこと 尿の回数が多く、毎回尿の回数が少ない。切れが悪い。疲れると頻尿が悪化する。酷くなると排尿時に … Continue reading

Posted in 漢方薬 | Leave a comment