Category Archives: 漢方薬

雪の中、冷えた足を守る

記録的な大雪に見舞われ、足元が気になります。 雪の中、スニーカーなどで歩き濡れたまま放置すると 「寒湿」という邪気が足元から入り体に大きな影響を及ぼします。 「寒気」と「湿気」は、肝脈と腎脈に沿って肝腎に侵入すると 男性 … Continue reading

Posted in ブログ, 漢方薬 | Leave a comment

骨粗鬆症

骨粗鬆症による骨折や痛みの発生の治療では、虚証と実証の鑑別がまず必要です。 時に、固定観念のように痛みの原因を、「不通則痛」(通らなければ、すなわち痛みが生じる)ととらえて活血剤などを選択する方も少なくありません。 虚労 … Continue reading

Posted in 漢方薬 | Leave a comment

歯の揺れに補腎だけでは効かない

「歯の揺れ」の治療は補腎が主になりますが、補腎薬による治療で効果が得られない場合もあります。 何故でしょうか? 原因は、病理分析が不十分であることが考えられます。 歯の揺れは腎虚だけではなく、虚火上昇による歯の揺れも含ま … Continue reading

Posted in 国際中医師アカデミー, 漢方薬 | Leave a comment

肺気虚と便秘との関係

肺気には、「宣発」と「粛降」のふたつの力があります。 粛降は、肺にあるごみを処理して、大腸の伝導作用を応援します。 長期間の咳、喘息、自汗などの病気を患い、また継続して激しいスポーツを行う場合は、肺気虚が生じやすくなりま … Continue reading

Posted in 国際中医師アカデミー, 漢方薬 | Leave a comment

小児の夜泣き 心熱と脾寒気滞の鑑別

中医児科(小児科)では「夜泣き」の弁証の中で、「脾寒気滞」と「心熱」による夜泣きの区別を挙げていますので、其々の鑑別要点を紹介します。 ◎脾寒気滞の特徴 泣き声が低くて弱い、泣いたり止んだりを繰り返す、体が曲げながら寝る … Continue reading

Posted in 国際中医師アカデミー, 漢方薬 | Leave a comment

生徒さんの質問 九仙散

方剤学を学ぶ受講者からの質問をご紹介します。 斂肺止咳薬の勉強で、九仙散を学びました。 肺陰が損なわれ、咳が止まらないときに使うとありますが、これは咳嗽でいうところの肺陰虧耗にも使えますか? 九仙散は、斂肺止咳剤に属す方 … Continue reading

Posted in 国際中医師アカデミー, 漢方薬, 過去問題解説 | Leave a comment

中医師はつらいよ⁉

日本では、漢方薬は長期間の服用が必要と思っている方が多いですね。 長期間の服用が必要な理由は、幾つかあります。例えば病気が深く治療に時間を要するなど、効果を持続させる必要があれば長期間の服用は、当然必要になります。 とこ … Continue reading

Posted in 国際中医師アカデミー, 漢方薬 | Leave a comment

ドライマウス 白虎加人参湯と五苓散の鑑別

ドライマウスに関して中医学では、五つの証型を紹介しました。 弁証論治の内容は非常に多いので、ここでは保険適用の漢方薬である白虎加人参湯と五苓散の鑑別原則を紹介したいと思います。 白虎加人参湯の鑑別特徴の口渇は、水を飲んで … Continue reading

Posted in 中西医結合, 国際中医師アカデミー, 漢方薬 | Leave a comment

ドライマウス 漢方治療

当アカデミーの受講者の中には、歯科医師も学ばれています。 日本で歯科医師が扱える保険適用漢方薬は、白虎加人参湯、五苓散等でそれほど多くないそうですが、ドライマウスの患者さんには積極的に使ってみたいと考えているそうです。 … Continue reading

Posted in 中西医結合, 国際中医師アカデミー, 漢方薬 | Leave a comment

帯状疱疹の弁証論治の分析

先ほど、前日に紹介した帯状疱疹の症例について、 国際中医師アカデミー受講者へ症例の詳しい情報、弁証要点と診断の誤りなどの解釈を送りました。 ログインの上、その内容を確認して考えてみてください。

Posted in 国際中医師アカデミー, 漢方症例, 漢方薬 | Leave a comment