Author Archives: 国際中医師アカデミー

About 国際中医師アカデミー

90年に日本へ来日して以来一人でも多くの方へ中医学の正しい知識を身につけて頂きたいという思いで普及活動を行って参りました。 日本中医薬連合会においては多くの国際中医師を輩出してきました。 この日本で優秀な漢方医がたくさん育つことが私の夢であります。 国際中医師アカデミー http://www.iatcm.com

安心して漢方薬局に行く方法

前回、1日分の漢方薬は500円~(もちろん病気によります)とお伝えしましたが、 今回は実践編です。 漢方薬局に行ったら、まず自分の症状をきちんと伝えて、どんな薬をどれぐらいの期間使うといいか、そしてその漢方薬代の相場を聞 … Continue reading

Posted in 国際中医師アカデミー | 安心して漢方薬局に行く方法 はコメントを受け付けていません。

5月1日は国際中医師 模擬試験

5月1日に国際中医師の模擬試験(無料)を開催します。 この模擬試験は、学習レベルの確認、復習、試験へ慣れて頂く事などの目的で実施します。国際中医師試験の翻訳を担当している当校の実績を活かし、おさえておくべき問題を中心に試 … Continue reading

Posted in 国際中医師アカデミー | 5月1日は国際中医師 模擬試験 はコメントを受け付けていません。

漢方薬っておいくら万円!

病院で処方された薬でない限り、漢方薬には保険は適用されません。 なかなか体調がすっきりしないから行ってみたい、でも……と二の足を踏んでいる人にとって、漢方薬局の敷居の高さは、予想のつかないその薬代にもあるのではないでしょ … Continue reading

Posted in 国際中医師アカデミー | 漢方薬っておいくら万円! はコメントを受け付けていません。

2つの大事な鏡

中国で「中医学を学んでいる」と言うと、会う人会う人が皆、さっと腕を突き出し、ベロを出してきて驚いた、と言う生徒さんがいました。 中国では病気を知るのに脈と舌が必要だということは誰でも知っている当たり前のことなのです。 そ … Continue reading

Posted in 国際中医師アカデミー | 2つの大事な鏡 はコメントを受け付けていません。

漢方薬局はつらいよ

漢方薬局での診断は、主に問診と舌診になります。 現状では薬剤師は医療行為としてお客様に触れることができないため、2つの鏡(脈診と舌診)のうちの1つの鏡(舌診)を駆使することになります。 漢方のプロは、患者さんの話と目や肌 … Continue reading

Posted in 国際中医師アカデミー | 漢方薬局はつらいよ はコメントを受け付けていません。

【中医学はじめてみよう半額キャンペーン】4/20まで

国際中医師アカデミー5周年記念の第2段、基礎から学べる中医臨床総合講座を先着20名の方に【半額】でご提供するキャンペーンをスタートしました! 講座を修了すると国際中医師の受験資格が得られます。基礎から中医学を学びたい方、 … Continue reading

Posted in 国際中医師アカデミー | 【中医学はじめてみよう半額キャンペーン】4/20まで はコメントを受け付けていません。

消風散の効果的な使い方

治風剤の一つで、湿疹やアトピー性皮膚炎でよく使われる「消風散(しょうふうさん)」は、メジャーでありながら奥の深い漢方薬です。 文字通り、風邪(フウジャ)を消すわけですが、“消風”ということだけを頭に入れて扱うと、とんだ誤 … Continue reading

Posted in 国際中医師アカデミー | 消風散の効果的な使い方 はコメントを受け付けていません。

第5回 国際中医師試験を開催します

国際中医師試験は、中国政府の外郭団体「世界中医薬学会連合会(正式名:世界中医薬学会聨合会)が、世界の漢方・中医学従事者を対象に、正しい中医学知識を有する人材であることを証明するための試験として実施しています。 ■ 試験日 … Continue reading

Posted in 国際中医師アカデミー | 第5回 国際中医師試験を開催します はコメントを受け付けていません。

春は髪をゆらゆらさせましょう

自然の医学である中医学では、自然と同じように人間の体も春(生)→夏(長)→秋(収)→冬(蔵)と変化していくと考えます。 冬の蔵とは、冬眠でもわかるように、すべての生命体がエネルギーを節約したり蓄えたりしている状態です。そ … Continue reading

Posted in 国際中医師アカデミー | 春は髪をゆらゆらさせましょう はコメントを受け付けていません。

ドキドキは「肝」次第?

大事なプレゼンや大舞台では、誰でも多少は緊張してドキドキするものです。 人と比べず、自分のできることに集中すればいいとはわかっているものの、その場に臨むと、うまくやりたいと自分に期待してしまったり、自分の能力が急に不安に … Continue reading

Posted in 国際中医師アカデミー | ドキドキは「肝」次第? はコメントを受け付けていません。